スペシャリスト

自分のからだの声に耳をかたむけよう

  • vol.01
  • 国際中医師・国際中医薬膳師・薬膳研究家
  • 千良のり子

si01

現在のお仕事内容について教えて下さい

DSC08831無理のない簡単薬膳をモットーに、薬膳連続講座『おうち食医』の主宰をしております。
他にも薬膳コンシェルジュ協会・企業・自治体・幼稚園・大学などで、中医学・ 薬膳の講師として活動するかたわら、飲食店の薬膳メニュー開発・監修なども手がけています。
特に、薬膳茶のブレンドは好評で、ネイルサロン・トリートメントサロン・美容院などへオリジナル薬膳茶監修をしております。

薬膳の基本となる概念について簡単に教えてください。

紀元前からある中医学(=中国伝統医学)をベースに、食べ物のチカラでからだのバランスを整えることです。 薬臭い?難しい?というイメージがありますが、身近な食材でも立派に薬膳ができるのです。 例えばからだの冷えている人が生姜を食べてからだがポカポカする。これも薬膳の1つです。

この仕事を選んだきっかけを教えてください。

子どもたちがまだ小さかった頃、からだが弱くて毎日のように病人に通っていました。 西洋のお薬の合間に、ご飯でも少し楽にできたら・・・と薬膳を勉強し始めました。 子どもが体調の悪いときの母親の気持ちを少しでも楽にしたいと、自分の経験も踏まえてお話ししたいと思ったのが、仕事を選んだきっかけでした。

今に至るまで、どのような経験を積んできたのか、どのようなスキルを習得してきたのか教えてください。

IMG_2473r子どもたちが小さい頃は、通信教育で薬膳を学び始めました。今から約10年くらい前のことです。
その後、国立北京中医薬大学へ通い、中国の国家資格でもある、国際中医薬膳師の免許を取得し、その後さらに、国立北京中医薬大学日本校へ3年間通い卒業。在学中に、国際A級ライセンス、国際中医師の免許を取得。
卒業して4年たつ現在も、数名の先生から、中医学を学び続けております。

仕事をする上で大切にしていることは何ですか?

できるだけ難しい言葉を使わずに薬膳&中医学の世界を伝えることです。 それと、ちまたに溢れる情報に惑わされずに、ちゃんと自分のからだの声を聴けるようになってほしいと伝えております。

これからの目標を教えてください。

近い目標は、連続講座はお子さんが小さすぎるとか、ハードルが高いと思っている方のために、アレルギーや喘息のお悩み座談会をすること。 遠い目標は、いつか沖縄のホテルにコーヒー、紅茶と並んで薬膳茶を置いてもらうことです。

千良さんにとって薬膳とは何ですか?

030一生をかけても学びきれないもので、一生をかけても伝えきれないものです。
もともと勉強好きで人が好きな私にとっては、出会えてよかったものです。

“なりたい”と思っている人たちへメッセージをお願いします

私が勉強を始めた10年前よりも、ずっと読みやすい本や、たくさんの情報があるので、とても勉強しやすいと思います。
ご家族に生かすのでしたら、本や雑誌やネットの情報で十分だと思いますが、 それを、教える立場になりたい!薬膳にかかわる仕事をしたい!ということでしたら、 薬膳のベースとなる中医学は深くて広いもの。一生勉強する気持ちでいたほうがいいと思います。 ですから、勉強好きな人、探究好きな人には、オススメの職業だと思います。
あとは、難しい中医学の言葉をどれだけ噛み砕いて伝えられるかがポイントです。 私もまだまだですが、日本語の語彙力があるのも、大事なポイントの1つです。
そして、なによりも講師の自分が健康であることです。 不健康な講師の話なんて何の説得力もないですからね~笑
本気でなりたい!と思われる方は、いつでもお気軽にご相談くださいね。

大好きな食べ物は?

好きな食べ物は甘栗と、シャンパンが好き。
甘栗をつまみにシャンパンを飲むのが至福の時間です~

座右の銘を教えてください。

「笑う門には福来る」です。

お気に入りの場所は?

沖縄!

子供の頃の夢は?

保健室の先生です。
生徒さんのからだとココロのお悩みの相談にのりたかった・・・ある意味、夢は実現している?笑

これだけは誰にも負けないコトは?

だれにも負けないかはわからないけど、難しい薬膳用語を簡単に変換するのは得意です。
あとは、勉強も好きです。

ストレス解消法を教えてください

お酒と、旅行です。

PROFILE

国際中医師・国際中医薬膳師・薬膳研究家
千良のり子

『おうち食医』主宰。薬膳講師として地元の神奈川・都内・埼玉・千葉などで活動。
最近は地域活性化に力を入れ、地元海老名でのイベント出店や、地元の飲食店の薬膳メニュー監修などにも取り組んでいる。

Specialist Interview一覧へ

Top